Weekly 不動産アイ

今年の基準地価

 9月19日、全国の都道府県基準地価(2017年7月1日現在)が発表されました。全国平均は、住宅地で前年比マイナス0.6%(昨年はマイナス0.8%)と、8年連続下落率が縮小。また、商業地は同プラス0.5%(同プラス0.005%)と、10年ぶりに上昇に転じました。
 東京、大阪、名古屋の三大都市圏では、住宅地が昨年と同じ前年比プラス0.4%、商業地は同プラス3.5%(同プラス2.9%)。住宅地は4年連続、商業地は5年連続の上昇です。商業地の最高価格地点となった東京・銀座の明治屋銀座ビルは、1平方mあたり3,890万円と、バブル期の3,800万円を超え話題となりました。
 京都市内では、住宅地の地価が前年比プラス1.0%(同プラス0.6%)。山科・右京・伏見を除く8区で上昇を記録しています。また、商業地の地価は同プラス10.3%(同プラス6.5%)と、政令指定都市で全国1位の上昇率を記録。中京区(同プラス17.1%)、下京区(同プラス16.1%)、東山区(同プラス15.7%)などは、去年を上回る上昇率です。外国人観光客の増加で、ホテル・ゲストハウス・商業施設などの需要が高まっています。
 今回、府下の住宅地の最高地点は、7年連続で上京区室町通下立売上ル地点(1平方メートル当たり50万円)。商業地の価格最高地点は、4年連続で下京区四条通柳馬場西入ル地点(同470万円)となっています。また、上昇率ランキングでは、伏見稲荷大社に近い伏見区深草稲荷御前町地点が前年比プラス29.6%と全国一の上昇率を記録しました。
 京都市では、2020年東京五輪の波及効果を見込んで、ホテルなどの建設・開業が相次いでいます。観光需要が地価を引っ張る現象は当分続くようですね。

2017年10月01日

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
  • こだわりの注文住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理