Weekly 不動産アイ

初期費用に注意を

 マイホーム購入では、自己資金とローン返済額ばかりが注目されがちです。しかし、実際に購入してみると、諸費用や購入後の出費が結構な額になることが分かります。購入してからあわてないよう、どんなお金が必要かを整理しておきましょう。
 まず、購入時の諸費用としては、以下の4種類に分けて考えることができます。○各種税金印紙税、不動産取得税、登録免許税など)各種事務手数料(中古住宅の仲介手数料、住宅ローンの融資手数料、司法書士に対する登記手数料など。仲介手数料は、売買価格の3%+6万円および消費税分)住宅ローン保証料(一般に100万円あたり2万円以上が目安)その他の諸費用(マンションの修繕積立基金、固定資産税などの精算費用)
 こうした諸費用の目安ですが、「その他」を除いた金額で新築住宅なら物件価格の5~8%程度、仲介住宅なら同じく8~10%程度と言われます。例えば、3,000万円の中古一戸建て住宅なら、最大300万円程度を諸費用に見込むべきだとなります。しかも大半はその場での現金支払い。頭金ゼロの場合でも、こうした資金は手元に必要なのです。
 一方、購入後に定期的に必要なお金もあります。主なものは、○団体信用保険(団信)の保険料火災保険料・地震保険料(地震保険は任意)○固定資産税・都市計画税(購入当初は軽減措置あり)○管理費・修繕積立金(マンションのみ)など。住宅の種類や築年数、住宅ローンの借入額などによって異なりますが、こうした出費は年間15~20万円が目安といわれます。もちろん、引っ越し費用や新しい家電・家具などの費用は、これらとは別。マイホームの資金計画を立てるとは、こうした初期費用の計算も含んでいるのです。

2017年11月04日

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
  • こだわりの注文住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理