Weekly 不動産アイ

確定申告で売却損の特例を

 確定申告は、マイホームを買ったり、売ってトクをした人だけの制度ではありません。売却や買い替えで赤字(譲渡損失)が出た人も、「居住用財産の譲渡損失の繰越控除」という制度を利用すれば、最長4年間にわたって所得税が軽減される可能性があるのです。ポイントは、売却による「譲渡損失」を課税所得と合算する「損益通算」という仕組み。なお、自宅を売却しただけか、新しい家に買い換えたかで、「損失」の基準は変わります。
 「自宅買い換えなし」の例をご紹介しましょう。取得費(物件価格+諸費用)2600万円で取得し、減価償却費500万円、2000万円の住宅ローンが残っている自宅を、譲渡価額1000万円・譲渡費用100万円で売却したAさん(課税所得300万円)の場合です。
 まず、「譲渡損失(=[取得費-減価償却費]+譲渡費用-譲渡価格)」は1200万円、「住宅ローン残高-譲渡価額」は1000万円なので、Aさんの損益通算上の損失は1000万円です。
 次に、4年間の損益通算をシミュレーションすると・・・・○1年目/通算所得は0円(300万円-1000万円)、損失の繰越分は700万円○2年目/通算所得は0円(300万円-700万円)、同じく繰越分は400万円○3年目/通算所得は0円(300万円-400万円)、同じく繰越分は100万円○4年目/通算所得は200万円(300万円-100万円)、繰越分はなし。
 この結果、Aさんの所得税は売却1~3年目が0円、4年目も減額されることになります。このメリットを得るために、確定申告が必要なのです。
 なお、この制度の詳細や必要な条件、自宅を買い換えた場合の計算方法などは、税務署や不動産会社などで教えてもらえます。思い当たる方はぜひ問い合わせてみてください。

2018年02月24日

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理