Weekly 不動産アイ

共働き家族のマイホーム計画

 夫婦共働きの家族は、もう当たり前の存在になっています。2016年の総務省統計局の調査によれば、「夫婦のいる世帯」のうち、共働き世帯は約39.5%。「夫婦のいる世帯」の中には、すでにリタイアしている世代も含まれるので、働き盛りの夫婦世帯に限れば、5世帯のうち2世帯以上は共働きと見てよさそうです。
 共働き家族の強みは収入のゆとりです。同じ統計局の家計調査によれば、共働き世帯とそうでない世帯の年収差は、夫婦のみの世帯で約200万円、子どもなどがいる世帯でも約170万円になるとか。仮に子どものいない世帯で、年収の5倍分の住宅ローンを借り入れるとすれば、借入額の差は200万円×5=1,000万円になる計算です。
 とはいえ、二人の経済力のすべてをマイホーム購入に充ててしまうことはおすすめできません。もともと共働き家族は、生活費が増えがちだといわれます。双方が忙しいために、外食や中食(持ち帰りの惣菜類)などの食費や通信費などが多くなりがちだからです。いわば、時間をお金で買う支出といえるでしょう。
 こうしたこうした状況で、マイホームという大きな買い物をしてしまうと、収入のゆとりはたちまち小さくなってしまいます。万一、転職やリストラ、出産などで一方の収入がダウンしたら、家計はひとたまりもありません。
 リスクを避ける方法はズバリ、共働き家計の経済力を過信せず、余裕を残した資金計画を組むこと。ギリギリの返済で苦労するよりゆとりある返済で黒字をめざし、その分は繰り上げ返済に回せば、返済期間・総返済額とも抑えられるでしょう。背伸びせず、ムリをせず、共働き世帯のメリットを活かしたマイホーム計画を成功させてください。

2018年03月31日

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理