Weekly 不動産アイ

中古住宅のインスペクションとは

 「インスペクション」という言葉をご存じでしょうか。もともとは英語で「検査、点検」の意味。不動産用語では一般に「既存建物(=中古住宅)の状況調査」を指します。
 今年4月1日施行の改正宅地建物取引業法では、不動産業者が中古住宅の売り手や買い手に対して、インスペクションの内容や業者のあっせんの可否を事前に示すことが定められました。日本の中古市場にインスペクションが普及するきっかけになりそうです。
 中古住宅には立地や価格で新築住宅以上のメリットがある一方、経年変化による品質リスクが常に付きまといます。しかし、もしその品質が客観的に調査・公表され、結果に基づく取引が一般化されれば、買い手は客観的な品質を考慮しつつ、適切な中古住宅を入手できるでしょう。実際、日本に比べて欧米諸国の中古住宅価格が安定しており、実際の取引も活発なのは、この制度が整備されていることが大きな理由といわれます。
 今回の改正では、不動産会社は中古住宅の売主や買主から仲介依頼(媒介契約)を受けた時点で、建物のインスペクションについて説明。さらに、「わが社で専門業者をあっせんできます(できません)が、どうされますか?」と聞くことになっています。あっせんした場合は、重要事項説明時にインスペクション結果が開示されます。
 なお、今回の改正で義務付けられたのは、あくまでも売り手や買い手に「インスペクションの意思を尋ねる」こと。インスペクションそのものを義務付けたものではありません。インスペクションを行う人材やコストの問題、内容の客観性の保証など、課題はいろいろあるようですが、将来のインスペクション制度定着の第一歩として注目したいところです。

2018年04月28日

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理