Weekly 不動産アイ

今一度、家具の地震対策を

 週明けの近畿地方を驚かせた大阪北部地震。不幸にも亡くなられた方の中には、転倒した家具が原因となったケースがありました。この機会に今一度、家具の地震対策を見直してはいかがでしょう。転倒を完全に防げない場合でも、安全な場所に逃げる時間をかせぐ効果はあるそうです。
●タンス・本棚
 背の高いタンスは底面積が小さく不安定。また、本棚は本の重みがあるため、転倒すると大変危険です。L型金具やチェーンなどで壁に固定するか、天井が頑丈なら市販の突っ張り棒を使ったり、天井との間に雑誌や新聞紙の束を詰めるなどが有効でしょう。さらに、足元の手前側にゴムや折ったダンボールなどをかませると、より倒れにくくなります。
●冷蔵庫
 重量がある冷蔵庫は、床をスライドして人にぶつかることがあります。ベルトやチェーンで壁面にしっかり固定しておくのが原則です。
●食器棚
 割れやすい食器を収める家具だけに、壁固定は基本。扉用のストッパーも有効です。
●その他
 花瓶やテレビ、電子レンジなどの重量物は、なるべく低い位置に。高い場所に置くなら、粘着性の耐震マットを下に敷くとやや安心でしょう。また、本棚、食器棚、キャビネットなどのガラス扉には、飛散防止フィルムを張っておくと、被害が軽減できるでしょう。

2018年06月23日

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理