Weekly 不動産アイ

土地の境界について

 根強い人気を集める戸建住宅ですが、分譲マンションにはない問題が発生することもあります。その一つが土地の境界線をめぐる問題です。
 一般に、土地の境界は「境界標」と呼ばれる杭で示されます。また、その全体像は法務局にある「地積測量図(実測図)」によって確認できることになっています。住宅を購入した際、測量図の写しをもらった人も多いでしょう。
 問題は、この境界標の位置が絶対ではないこと。大規模な土砂くずれや地震はもちろんですが、意外に多いのが道路や電柱などの工事によって、位置が変わったりなくなるケース。どうやら、作業の邪魔になるからと杭を移動した後、放置されてしまうようです。
 「境界標(杭)がなくても、図面があれば」と思いますが、古い住宅などの場合、地積測量図のないケースも意外に多いとか。実は、土地の分筆(分割)や地積変更などのない土地については、測量図の提出義務がありません。その結果、何十年もたって境界標もあいまいになると、お隣との問題が浮上するわけです。
 では、境界線トラブルが発生した時はどうすればいいのでしょう。最良の解決法は、隣家同士で相談の上、土地家屋調査士の手によって境界線を確定してもらうこと。また、話がこじれた場合、京都では「京都境界問題解決支援センター」に相談する方法があります。弁護士や土地家屋調査士も参加しているので、公平な解決が期待できます。
 年内の「不動産アイ」は、これで終了です。読者の皆さんに、よい新年とよいマイホームが訪れますようお祈りいたします。ありがとうございました。

2017年12月23日

過去の記事

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理