Weekly 不動産アイ

消費増税とマイホーム計画

 先送りされていた消費税の引き上げが、2019年10月に行われる予定です。少し早いですが、マイホーム計画との関係を考えてみましょう。
 まず知っておきたいのは、住宅にかかる消費税は建物のみで、土地は対象外だということ。例えば総額3,000万円、うち建物価格が1,000万円(いずれも税抜き)の住宅の場合、現状の消費税額は80万円(=建物価格1,000万円の8%)。税率10%でも100万円どまりで、300万円にはなりません。
 また、中古住宅市場では、プロの業者ではない個人間の取り引きが一般的ですが、これは消費税そのものがかかりません。当然、引き上げによる影響もほとんどないということになります(ただし、仲介手数料や住宅ローン事務手数料などは課税されますのでご注意ください)。
 次に考えておきたいのは、実際に消費税が課税されるタイミング。これは契約時ではなく、物件の引き渡し=最終支払い時です。例えばマンションなどの場合、契約から引き渡しまで1年以上かかる例は珍しくありません。8%のつもりで資金計画を立てたのに、10%になったのでは返済見込みも危うくなりかねません。
 こうしたことから、引き上げ半年前の2019年3月31日までに契約した物件については、引き渡しが同年10月以降になった場合でも現行税率が適用されることになっています(経過措置)。つまり、消費税8%での購入希望者は、完成物件なら来年9月末までの引渡しと支払いを、未完成物件なら来年3月末までの契約を目指せばよいわけです。

2018年03月03日

過去の記事

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理