Weekly 不動産アイ

家庭内備蓄を考える(中)

 災害時の必需品の基本は水と食料、簡易トイレですが、家族の状況に応じた個別の必需品もあります。例えば持病のある人や高齢者では常備薬、女性であれば生理用品、乳幼児のいる家庭では粉ミルク、紙おむつ、ウェットティッシュなどのストックが欠かせません。
 また、メガネ・入れ歯・補聴器・杖などは、使う人にとって欠かせないものですが、災害時には壊れたり紛失したりしがちです。予備品があればベストですが、以前使っていたものを用意しておくだけでも、当座の不便は避けられます。また、コンタクトレンズを使っている人も、万一の際はメガネを使用した方がよいでしょう。被災地では交換用レンズの不足が避けられず、レンズを取り換える際の衛生環境にも不安があるためです。
 災害時の服装で必要なのは、履物と手袋です。大きな地震の後は、室内も路上もガラスや壁、金属などの破片が散乱しており、素手素足では危険過ぎます。げた箱以外の取り出しやすい場所に、予備の履物・手袋を確保しておきたいですね。また、雨天時用に防水性のあるブルゾンなども用意しておきましょう。
 かつての非常用備品にはラジオや懐中電灯が含まれましたが、今はスマートフォン1台でほとんどの用が足ります。問題は、充電できる環境の確保大容量バッテリーや乾電池・太陽光発電を使った充電器などを用意しておきたいですね。自家用車のある家庭なら、シガーソケットを利用する充電器があれば心強いでしょう。
 なお、過去の災害では、何にでも使える材料が重宝されました。大型のごみ袋やビニール袋、ライター、ティッシュペーパー、食品ラップなども、備蓄品に加えておきましょう。

2018年03月18日

過去の記事

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理