Weekly 不動産アイ

資産価値から立地を考える

 家族の暮らしのよりどころであるマイホームは、同時に家庭の貴重な資産でもあります。もより駅からの距離や、生活施設の充実ぶり、学区や沿線の評判などの立地条件は、資産価値とも深く結びついています。今日明日の暮らしの利便性はもちろんですが、10年後20年後の資産価値を考えてみることも大切です。
 たとえば、評判のよい医療施設や教育機関など、立地全体のイメージに好影響を及ぼす施設は、資産面からもプラス。将来の賃貸時や売却時に有利に働くと考えられるからです。
 また、鉄道や道路の新設・延伸、新駅の設置、他路線との相互乗り入れなども大切な要素。都心へのアクセスがよくなれば、沿線の資産価値は一般的に上昇しますが、大型道路や新線の周辺では、騒音や振動の影響も考える必要が出てきます
 立地の値打ちを考える上で、ヒントになるのが周辺の賃貸住宅の家賃。一般的には、賃貸相場が高いエリアほど、資産価値が高いと判断されますし、将来、わが家を賃貸に出す場合の備えにもなるからです。ただ、個別の賃貸住宅の家賃はあくまでも参考情報。住宅の築年数や内外装の状況、さらに地域の経済情勢によっても、評価は変わるからです。
 また、現地周辺の建ぺい率(敷地に対する建築面積(=建坪)の割合)や容積率(敷地に対する延床面積の割合)も、資産価値を左右します。というのも、定められた上限値に余裕があれば、建て増しが可能になるためです。これはマンションでも同じです。
 なお、資産価値は「重要」ですが、「唯一無二」ではありません。大切なのは、予算や広さ、構造などとのバランス。立地の良し悪しだけですべてを判断しないようにご注意を。

2018年09月29日

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理