Weekly 不動産アイ

冬の省エネと暖房のコツ(下)

 部屋全体を暖めるエアコンに対して、部分を暖めるのがホットカーペットや電気コタツなど。上手に使えば、省エネ効果も上がります。
 ホットカーペットを効率よく使うには、カーペットの「下に」断熱材を入れること専用の断熱シートでなくても、厚手のカーペットや大判の段ボール、発泡スチロール板を敷くだけでもずいぶん違います。これは、電気コタツにも応用できる方法です。
 ただし、ホットカーペットの「上に」カーペットや毛布などを敷いたり、電気コタツと併用するのは厳禁。温度がこもりすぎ発火する危険があるので、くれぐれも避けてください(「こたつ併用可能」と明記された電気カーペットは、この限りではありません)。
 昔ながらの部分暖房として、ここ数年注目されているのが湯たんぽです。寝る間際にふとんに入れておくと、朝になっても意外なほど温もりを保ってくれます。また、熱湯を使うのが心配という方は、お湯のかわりに電気を使う電気湯たんぽはいかがでしょう。20分ほどの充電で5~6時間程度もち、子供たちや高齢者の方にも安心です。
 日の短い冬は、洗濯物の乾燥に乾燥機を使うことが増えます。その際、日中は自然乾燥で、仕上げだけを乾燥機に任せるようにすると、最大70~80%の節電効果があるといわれます。また、使う時は衣類を小分けにせず、容量100%で1度に運転するのが効率的。少量の洗濯物を乾燥する場合は、15分や30分などの単位時間運転がおすすめです。
 考えてみれば、エネルギー資源に乏しい日本で、湯水のように電気を使う生活には限界があって当然です。あの手この手の工夫を重ね、賢い節電を図りたいものですね。

2018年11月03日

過去の記事

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理