Weekly 不動産アイ

ライフサイクルとマイホーム

 「マイホームは思い立った時が買い時」という言葉があります。でも、少し時間や気持ちの余裕があるようなら、ライフサイクル全体を見渡して検討してみてはいかがでしょう。
 ライフサイクルとは、就職、結婚、子育て、退職などと続く人生のサイクルのこと。「子供の成長=教育費の増加」「自分たちの退職=収入の減少」というように、その変化は家計に大きく影響します。つまり、同じマイホーム計画でも、その人のライフサイクルに応じて、重視すべきポイントが変わってくるということです。
 例えば、いちばん上のお子さんが幼稚園に入園する時期に家を購入すると、教育費の負担が増える高校受験までほぼ10年の余裕が生まれます。そこで、借入額の80%程度を完全固定型ローンで、残り20%程度を期間10年の変動金利型ローンで組めば、10年後には返済が一段落。完済した住宅ローン分を教育費に回すことが可能になります。
 また、40代でのマイホーム計画では、老後の準備のためにも、変動の少ない返済計画が重要です。そこで、完全固定型の「フラット35」などを柱にすれば、月々の返済は多少増えても、金利上昇リスクは抑えることが可能。将来の金利変動に左右されることなく、より安定した生活設計を立てることができそうです。
 一方、教育費や老後費用の心配が少ない20代なら、返済期間を長めにとり、毎月の返済金額を抑える選択も可能。返済総額は増えますが、20~30年後には返済を終えたわが家で、退職後の人生を考えることもできるでしょう。現在の年齢や世帯収入、金利情勢にライフサイクルの発想を加えることで、マイホーム購入にもゆとりが出てくるわけです。

2018年11月10日

過去の記事

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理