Weekly 不動産アイ

ヒートショックにどう備えるか

 ヒートショックとは、室温の急激な変化がもたらす身体への悪影響のことです。特に冬場は、暖房のきいた居間や寝室と、暖房のない脱衣所やトイレとの間で、温度差が大きくなりがち。その結果、脳血管系の発作や事故が起こりやすくなるのです。
 なぜ、室温の急変が身体に影響してしまうのでしょうか。もともとヒトの血管は、寒くなると熱の放出を防ぐために縮こまり、温かくなると熱を逃がすために緩む性質があります。急激な温度変化があると、血管も急収縮や急弛緩を起こし、血圧が急変。それが、失神や脳出血・脳梗塞・心筋梗塞・不整脈などの発作につながるわけです。
 ひと昔前、冬のトイレで高齢者が倒れた、という話がよくありました。温かい部屋から寒いトイレに入り、しゃがんでいきむことで血圧が急上昇し、脳出血を起こしたケースが多かったといわれます。典型的なヒートショックといえるでしょう。
 逆に、冷えた脱衣所から熱い風呂に入ったところ、血圧低下で失神したというケースもよく聞きます。浴槽につかったまま、不幸な結果に至った例も少なくありません。高血圧や動脈硬化などの持病がある人、血管が弱っている高齢者は、特に注意が必要です。
 ヒートショックを防ぐには、とにかく急激な温度変化を避けることです。たとえば、脱衣所やトイレに小さなヒーターを入れる、入浴前に浴槽のフタを外しておき、湯気で浴室を暖めておく、夜間のトイレに立つときは上着を一枚重ね着する、などの用心をするだけでも、不慮の事故をかなり抑えることができます。寒い気候が続きますが、身体への思いやりを忘れずに、暖かな春の訪れを待ちたいものですね。

2018年12月01日

過去の記事

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理