Weekly 不動産アイ

確定申告で住宅ローン控除を

 今年も、2月18日(月)から所得税の確定申告が始まります。昨年12月末までに住宅ローンを利用してマイホームの購入・建設・増改築を行い、居住を開始した人は、忘れずに確定申告をしましょう。それが住宅ローン控除を受けるための絶対条件だからです。
 昨年2018年にマイホームを新築・購入し居住を開始した人の場合、一般住宅で4000万円までの住宅ローン年末借入残高(残っているローンの元本額)について、10年間毎年1%ずつが控除され、お金が戻ってきます。最大控除額は年額40万円、10年間で400万円です。
 以前は支払った所得税額以上の控除は受けられないのが原則でした。しかし現在では、算出された控除額が所得税額を超える場合、住民税からの一部還付も認められています(上限は、年13万6500円または課税総所得金額等の額の7%の小さい方)。さらに、年収約510万円以下の人は、10万円~30万円の住まい給付金も支払われるなど、所得税額の少ない人も十分な恩恵を受けられるようになりました。
 今年の確定申告の締め切りは、3月15日(金)。必要書類などは、関係機関の窓口やホームページで確認できますが、すぐ入手できないものもあるので、早めに用意しておきましょう。なお、給与所得者の場合、翌年以後の手続きは年末調整でOKです。
 住宅ローン控除は納めた税金の一部が戻る数少ない機会ですが、確定申告をしなければ還付もありません。また、人・住宅・ローンのそれぞれについて、一定の条件を満たすことも必要です(例えば、宅地のみの購入は控除対象外です)。せっかくの制度を生かすためにも、分かりにくい点は税務署や金融機関、不動産会社などで確かめてください。

2019年02月02日

過去の記事

はんなり京都探し
  • 京都ハウスの一戸建て
  • 京都ハウスの分譲住宅
インフォメーション
  • スタッフブログ
  • 不動産アイ
  • マンションMAP
  • よくあるご質問
  • 不動産用語集
  • 会社概要
センチュリー21京都ハウスは京都市内に5店舗
東寺店 四条店
西院店 イオン洛南店
桂川店 桂川店
  • モバイルで物件検索
物件の売却 無料簡単査定
  • 地図検索
  • 売買物件情報
  • 価格変更物件
  • オープンハウス
  • 一戸建て
  • 土地
  • マンション
  • 収益物件
非公開物件を見るにはここから登録
  • 無料会員登録
  • ログイン
  • 会員様限定 新着物件メール配信
  • 先取り
  • 賃貸物件情報
  • 新築単身用
  • 物件リクエスト
  • 賃貸物件管理