冬の気温と加湿【2022-11-20更新】 | 京都市の不動産のことならセンチュリー21京都ハウス

  • 冬の気温と加湿2022-11-20

    11月も下旬に入り、朝晩の冷え込みが厳しくなってきました。そこで気を付けたいのが、カラカラに乾いた空気。湿度の低下は健康な生活に不都合な性質を持っているからです。

     例えば、乾燥した空気は、のどや鼻の粘膜の防御力を下げる一方、空中に浮遊するウイルスを活性化させます。カゼやインフルエンザはもちろんのこと、新型コロナの感染再拡大にも一層の警戒が必要です。

     また、湿度が下がると、身体が感じる気温(体感温度)も下がるといわれます。その割合は湿度10%あたり約1℃。例えば同じ室温16℃の部屋でも、湿度30%の部屋は50%の部屋より2℃ほど肌寒く感じられる計算になるわけです。いくら暖房をきかせても冷え冷えと感じる部屋は、湿度が足りないのかもしれません。

     空気の乾燥を防ぐ方法として、分かりやすいのは市販の加湿器を使うこと。スチーム式(加熱式)・超音波式・気化式などさまざまなタイプがあり、デザインも豊富ですが、機種によっては小まめな手入れが必要なことも。購入前の比較検討が大切です。

     また、大きなやかんでお湯を沸かしっぱなしにしたり、湿らせたバスタオルを部屋に干したりするのも、部屋の加湿には有効です。中には、入浴後のお風呂の湯を張ったまま、浴室の扉を開けっ放しにする家庭もあるそうです。

     なお、冬の加湿は大切ですが、窓ガラスや壁面に大量の結露が出たり、クロスがはがれるような状況では、かえってカビやダニの大量発生を招きかねません。事前に湿度計を用意し、適切な湿度をコントロールする注意もお忘れなく。


    ページ作成日 2022-11-20

カレンダー
 << 2023年2月  

PAGE TOP

センチュリー21の加盟店は、全て独立・自営です。
Copyright(c)Kyotohouse Co,.Ltd. All Rights Reserved.