冬の火災に注意(上)【2022-11-28更新】 | 京都市の不動産のことならセンチュリー21京都ハウス

  • 冬の火災に注意(上)2022-11-28

    冬は火災の多い季節です。2020年の京都市の火災統計を見ると、12月~1月の火災件数は全体の約24%。3・4月も含めると100件と、全体のほぼ半数に上ります。その主な原因は「放火」「たばこ」「こんろ」「暖房器具」。それぞれについて、注意点をまとめてみました。

    ○放火
     放火の怖さは、ささいな悪意が大きな災いを呼ぶ点です。残念ながら人の世から悪意を一掃することはできません。とすれば、次のような予防対策がカギになります。
    ・家の周りに燃えやすいモノを置かない(収集前のゴミ・古新聞などは特に注意)
    ・物置・空き家・ガレージなどは施錠し、可能であれば火災報知器を設置する
    ・屋外に夜間用の照明を設ける(侵入者を感知して点灯するセンサーライトなどが有効)
    ・車・バイク・自転車などのカバーは、防炎製品を使う
     2020年の統計によれば、放火(疑い含む)が前年比10件以上増加しているとのこと。新型コロナや低迷する景気も影響しているのかもしれません。お互いに注意したいものです。

    ○たばこ
     たばこの火はもともと消えにくい上、700~800℃もの高温です。そのため、消火を確認せずにゴミ箱に捨てたり、たばこを吸いながら寝入ってしまう(寝たばこ)と、気づいた時には火災になってしまうのです。大切な命と財産を煙にしてしまわないためにも、喫煙後は水をかけて消火を確認する、寝たばこは絶対にしない、という原則を徹底しましょう。


    ページ作成日 2022-11-28

カレンダー
 << 2023年2月  

PAGE TOP

センチュリー21の加盟店は、全て独立・自営です。
Copyright(c)Kyotohouse Co,.Ltd. All Rights Reserved.